2013.10.16 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.01.16 Saturday

大橋トリオ 「A BIRD」

評価:
大橋トリオ
エイベックス・エンタテインメント
¥ 1,836
(2009-05-13)

今更だけど、大橋トリオ。(このBlogは今更な事が多いので、あしからず)

シルクハット、ロングヘアー、口髭、チョウネクタイ。
最初その出で立ちを見た時、「寺山修司の仮面画報」に出てくるキャラクター(↓の写真の右の人物)を思い出した。



きっと寺山修司ファンだろうと思い、どんな音楽だろうと興味津々だったが、聴いてみると予想に反しやさしく心地よい音楽だった。
イイ肩すかし。

ひとりなのにトリオというところも面白い。

なかなかクセのある人物とみた。

この「A BIRD」は、今もヘビロテしている。

2010.01.06 Wednesday

Rodrigo y Gabriela

評価:
Rodrigo y Gabriela
ATO
¥ 1,156

今、イチオシのアルバム。
ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ (Rodrigo y Gabriela) は、ロドリーゴ・サンチェス (Rodrigo Sánchez) とガブリエーラ・クインテーロ (Gabriela Quintero) のメキシコ出身の2人の男女のギターリストからなるアコースティック・ギターデュオ。

この2人のすごさは、いろんなところで紹介されているので、
ここでは、なにも申しません。

ライブの様子をどうぞ。

Rodrigo y Gabriela "Hanuman" live @ Eurockéennes


コマンタレヴー。
ガブリエーラさん、笑顔がかわいいです。

2009.04.26 Sunday

snow patrol

約2か月ぶりの更新。
GWに突入しましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
私といえば、本を読んだり、ビデオを観たりとインドアな休日。

GW中に映画を観に行こうと思い、今巷で話題になっている「スラムドッグ$ミリオネア」のTRAILERをネットで観る。
うーん、面白い。かなり、期待できそうだ。
そのTRAILERの後半に流れてきたのが、snow patrolの「Chasing Cars
さぶいぼが出て、思わず、itunesで購入。
 
 
2009.01.07 Wednesday

傑作CM【3】 SONY Bravia


今夜放送の「ザ・ベストハウス123」で紹介された、国内では未放送のSony BraviaのCM。
サンフランシスコの坂道を25万個のスーパーボールが転がっていく。
きれいだな〜。
しばし、感心。(You Tubeの画面ではその美しさが伝わらないのが残念)

Sony Bravia LCD TV Advert (Bouncy Balls)& "The Making of"



バックに流れていた曲が気に入ったので、調べてみた。
JOSE GONZALEZの「Heartbeats」と判明。
早速、iTunesで購入。
評価:
JOSE GONZALEZ
OCTAVE/ULTRA-VYBE,INC.
¥ 2,200
(2005-07-09)

2008.11.22 Saturday

Joyce


評価:
Joyce
Mr. Bongo
¥ 1,570
(2002-06-10)

ブルーノート東京で毎晩繰り広げられるプログラムの中から、毎月1アーティストをピックアップして、放送している大人のための本格的ライブ番組、BSフジの 「 Speak in music
今週のアーティストは、ブラジリアン・ミュージックの女王JOYCE
動いているJOYCEを見るのはこれが初めて。
ボサノヴァの名曲“GAROTA DE IPANEMA(イパネマの娘)”
1980年に発表され彼女の出世作となった“FEMININA”を聞けたのがうれしい。
彼女の透明感のある歌声が好きだ。
ライブで彼女が弾いていたのはサイレントギター。
上のサイレントギターではないと思うけど、一応紹介しておきます。
物欲がまた・・・。

joyce "feminina"
2008.07.05 Saturday

馬場俊英

フクロウの唄
フクロウの唄
馬場俊英

久し振りのブログの更新。
まずは、一言。

暑い!

うだるような暑さ。
東京の暑さと、何かが違う。
周りの人たちによると、名古屋の暑さは、まだまだこんなものではないらしい。
・・・恐ろしい。

夜、エアコンの効いた涼しい部屋で、寝転がりながらTVを見る。
エアコン買っといて良かったなぁ。
至福の時間。

日比谷野外音楽堂が映し出された。
今年5/25の馬場俊英の日比谷野音のライブ。

昨年の紅白歌合戦に出ていたので、知っている方も多いはず。
ボクは見逃したので、馬場俊英の名前を知ったのは、実はつい最近。
ラジオから流れてきた「BOYS ON THE RUN」に、グッときてしまった。(表現、古っ)

日が傾き、夕暮れの中の日比谷野音に馬場俊英の唄声が流れている。
アップで映された女性客の頬には涙が流れている。
そういう人を選んで撮っているとは思うけれど、かなりの確率で泣いている(もしくは泣きそうな)人が映されていた。

確かにこの人の唄には、人の心を揺さぶる力があるなぁと思う。
馬場俊英の目線は、ボクらと同じ目線だ。
だからこそ、彼の唄はみんなの唄になる。
日々のいろいろなシーンの中で、寄り添うようにある音楽。
そんな音楽を馬場俊英は、めざしていると思う。

馬場俊英 ボーイズ・オン・ザ・ラン

2008.05.25 Sunday

Calling You

夕方、テレビをつけると、BSフジで「Speak in music 」を放送していた。
今回の特集は、Holly Cole
番組のラストで歌ったのは、映画「バクダッド・カフェ」でブレイクしたJevetta Steeleの「Calling You」。
懐かしいな〜。
池袋の文芸坐で観たときの感動を思い出す。

Holly Cole Trio - Calling You


CALLING YOU (BAGDAD CAFE) - Jevetta Steele (Slideshow)


いろんな歌手がカバーしているけど、Celine Dion が最高。

Celine Dion - Calling You, Live in Paris
2008.03.28 Friday

CorneliusのPVが面白い

SENSURROUND
SENSURROUND

CorneliusのPVが面白い。
PV集が出ないかなと思っていたら、3/19に発売された。
2006年発売のアルバム『Sensuous』全曲のプロモ・クリップを収録。
平成18年度の文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞した“Fit Song”が秀逸!


2008.03.23 Sunday

Wonderful Life

時計を見ると、昼の12時を過ぎている。
そろそろ昼飯でも食べようかな・・・。
午前10時に目を覚ましたが、ふとんの中で本を読んだりしながら、だらだらしている。

RADIO-i の「Lucy's Cafe」を聴いていると、懐かしい曲が流れてきた。

Julia Fordham
Julia Fordham
Julia Fordham

Julia Fordham の「Happy Ever After
懐かしの80年代。
高校時代を思い出す。
そして続いて流れてきたのが、

Wonderful Life
Wonderful Life
Black

Blackの「Wonderful Life」!
好きだった曲。
思わず、口ずさんでしまう。
まだ、歌詞を覚えていたことに驚いた。
あの頃、一緒にこの曲を聴いていた友達に聴かせてあげたいなぁ〜。
気分が乗ってきた。
昼間っから飲っちゃおうか。
2008.03.20 Thursday

SONY ICF-50V W コンパクトラジオ

SONY ICF-50V W コンパクトラジオ

テレビのない生活が、早三か月。
結構、テレビがなくても生活できるものだ。
とはいえ、なんだか寂しい。
ラジオくらい買おうかなと、AMAZONで買ったのがSONYのICF-50V W コンパクトラジオ
2024円也。
手のひらサイズでシンプルなデザインが気に入った。
今日届き、早速電源ON。
流れてきた音楽は、JACK JOHNSONの「IF I HAD EYES」。
休日のラジオって、なんかいいよなぁ。

Sleep Through the Static
Sleep Through the Static
Jack Johnson

Jack Johnson - "If I Had Eyes" (Music Video)
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
UNIQLO CALENDAR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM