2013.10.16 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.09.23 Thursday

こんな本を買った【14】 あんこの本

 あんこが好きだ。

ボクのソウルあんこは、祖母がつくってくれた羊羹。
新潟の実家では、正月になると羊羹をつくる。
台所で、腰の曲がった祖母が背伸びしながら
大鍋で小豆を煮詰める姿を、今も鮮明に覚えている。
小豆と砂糖のにおいが、台所からただよってくると
正月気分が盛り上がってきたものだ。

ホーローパットに流し入れた羊羹は、座敷に置かれる。
雪国は寒いため、暖房をつけなければ部屋の中でも自然に固まる。
小さい頃、こっそり座敷に行き、包丁で食べたい大きさに切って、ほうばるように食べた。
つまみ食いする羊羹は最高に美味しかった。

祖母はもう他界し、あの羊羹はもう食べれない。

・・・うーん、本当にもう食べれないんだよなぁ。

で、この本。

全国の名店のあんこのお菓子を紹介した本。

写真が、いいです。

あんこにぴったりの素朴なあったかい写真。

あんこ好きにはたまらない一冊。


2010.09.18 Saturday

こんな本を買った【13】 勇将の装い−戦国の美意識 甲冑・陣羽織

 「日本人は美には敏感だが醜には鈍感だ」

昨日紹介した「FLAT HOUSE LIFE 」に書かれていた一文。

この本は、日本人がどれだけ美に敏感だったかを
うかがい知ることのできる一冊。

テレビで、
「昔の人なのに、スゴイですね」
なんてタレントのコメントを聞くと
いやいや、違うでしょと思ってしまう。

知力も体力も美に対する感性も、昔の人は現代人よりも優れていたとボクは考えている。

この本を見れば、美意識に関しては、その考えに納得してくれる人もいるだろう。

とにかく、この本の甲冑と陣羽織を見ると、武将たちの美意識の高さに圧倒される。

仮面ライダーや戦隊モノみたいだなぁというのが、恥ずかしながら正直最初の印象だったが、
甲冑や陣羽織を身につけた武将たちが、戦場にいる姿を想像してみて
じわーっと、その凄さ、カッコよさに鳥肌がたった。

ボクの日本人観が変わった一冊。

おすすめです。

2010.09.17 Friday

こんな本を買った【12】 FLAT HOUSE LIFE

東京23区外、いわゆる都下に存在する米軍ハウスや平屋物件を一冊の本にまとめたもの。

書店でこの本を見つけた時
バイトの先輩が、立川にある築何十年の米軍ハウスに住んでいて
その家の、なんともいえない味わいのあるたたずまいに
いつか自分も住みたいなぁと憧れたことを思い出した。

著者のアラタさんは、おわりにでこう綴っている。

一度ぐるりと近所を見回してほしい。
いまや全国どこに行っても同じような風景ではないか。
私たちにはこの画一的風景を無自覚無節操に身辺に受容してしまった責任がある。
「日本人は美には敏感だが醜には鈍感だ」と言った異人がいたが、
その代表が住居と街並に関する美意識の低さだろう。

はたと膝を打った。
自分も同じような事を思っていたから。
この文を読んで、ぼんやりとした思いの輪郭が、はっきりしたように感じる。

この本に出てくる住人たちは、日本画一化計画に背を向け
活き活きと、自分らしい生活を送っている。

肩の力を抜いて、なにげない日々の生活を大切にする。

この本に、教えてもらったことだ。

2010.09.11 Saturday

こんな本を買った【11】 奇界遺産

評価:
佐藤 健寿
エクスナレッジ
¥ 3,990
(2010-01-20)

テレビがあれば、
いろんな国のいろんな風景を見ることができるので、
行ったつもりになって、
旅熱をいくらかやわらげることができるのだけれども
この写真集を見てからは
旅熱がなかなか冷めないで困っている。

今まで、テレビでも写真でも見たことのない風景。
その全てを人間が作り出したのだからスゴイ。

写真だけでもこれだけ感動するのに、
実際目の前にしたら
どんな気持ちになるのだろう・・・
いつか、行く日を夢みつつ
この写真集を眺めている。

写真は、ベトナム・ホーチミンにあるスイ・ティエン公園
アジア最強クラスのテーマパーク。
狂ったディズニーランドと紹介されていたが、なかなか言い得て妙である。
小さい子供が、ここに行ったらきっと夢でうなされますね。

ここと、タイのワッパーラックローイは必ず行きたいと思ってます。

 
2010.04.18 Sunday

真説 龍馬暗殺

 

龍馬伝」観てますか?
今日は、第16回 「勝麟太郎」の放送。
龍馬と勝の出会うシーンがよかった。
武田鉄也の勝がまたイイ味だしてます。
ある番組で「龍馬やりてぇ〜」と叫んでいたので、どんな気持ちで勝を演じているのか興味のあるところ。
俺だったらこうやって演じるのによ〜なんて思ってるんでしょう。
福山雅治も演りずらいだろうな〜。

それと、もう暗殺されてしまったが、吉田東洋を演じた 田中泯の存在感がすごかった。
もう観られないのが残念。

これから、まだまだ登場人物が増えていくのでどんな人が出てくるのか楽しみである。

それから今日の午後、「たかじんのそこまで言って委員会」で、龍馬暗殺の真犯人は長州藩の神代直人犯行説を唱える加野厚志さんが出演。

なかなか面白い説であり、かなり説得力があった。
その説の本も出しているということで、読んでみたい。

ちなみに勝谷さんが挙げられていた千葉さなこ説が一番好きです。
加野 厚志
学習研究社
¥ 660
(2009-12-09)

2010.04.07 Wednesday

カーリル

 

昨日にひきつづき、本を楽しむための便利なサイトを紹介。
カーリル」は、全国の図書館を検索することができるサイト。

図書館情報を得ると同時に、本に関する最新情報なども閲覧できるようになっている。
話題の本の紹介もしているので、本を借りる際の参考にも。

「カーリル」
 
2010.04.06 Tuesday

本屋の歩き方

 

本屋をより深く楽しむための、さまざまな情報を掲載している、凸版印刷が監修するサイト「本屋の歩き方」。
日本各地に実在する個性的な本屋を紹介する「発見!あなたの街の○○な本屋」や、「1,000人に聞いた気分別オススメ本」など、魅力的なコンテンツを展開。
 まだオープンして間もないためか、情報量が少なめ。
今後の更新に期待したい。

「本屋の歩き方」
2010.04.05 Monday

こんな本を買った【10】 とろける鉄工所

広島の小さな鉄工所。ワンマン社長のもとで毎日あくせく働く男たち。
鉄を溶かしたりくっつけたり、ロボットの足場を作ったり、感電したり、
そしてそれを支えたい娘と、寄り添う妻。
世知辛いけどあったかい、溶接デイズへようこそ。
(一巻単行本・帯より)

評判を聞いて、第1巻を購入。
溶接には、興味があったので楽しく読めた。

主人公の北さんの脇を固める人たちに、いいキャラがそろっている。
特に片目の小島さんがいい味だしてます。

それにしても、溶接工は過酷な仕事なんだなぁと。
溶接は目が焼けるとは聞いていたけれど、目玉が日焼けして痛むのだそうだ。。
焼けた目玉を動かすと、異物がコロコロ転がるような感覚があって激痛がはしるとか。
目はイヤだなぁ。

鉄工所愛にあふれた一冊。

ぜひ一読を。




2010.04.03 Saturday

こんな本を買った【9】 鉱物アソビ

最近買った本。
 
コウブツアソビではなくイシアソビと読ませるようだ。
装丁のきれいな本。
帯に「鉱石好き 少年少女に贈る 待望のビジュアル本」とある。
どちらかというと女性に向けた本。

宮沢賢治、渋沢龍彦、稲垣足穂、たむらしげるの作品世界が好きなボクのアンテナにひっかかり、思わず手にとる。
パラパラとめくってみると、美術家の小林健二さんのアトリエの写真があった。
研究室のような秘密基地のようなアトリエ。
小さい頃思い描いていた部屋がこんな感じだった。
いいなぁ〜、うらやましい。

この本を参考に、鉱物アソビをしてみたくなった。
まずは、5月に名古屋であるワールドミネラル・ジュエリーフェスタへ。

2010.01.09 Saturday

こんな本を買った【8】 ウミウシ―不思議ないきもの

色のあざやかさ、模様の華麗さから「海の宝石」にたとえられるウミウシ
著者の今本淳さんが、奄美大島で撮影・観察したウミウシたち約300種の中から選りすぐった101種を紹介した写真集。

ウミウシについて思い浮かぶことといったら、新潟の海でシンガラベッチョ(ここでは意味は控えさせてもらいます)と呼ばれる紫色の大きなナメクジの事や、昭和天皇が多くのウミウシを採集されていたという事ぐらいで、まさかこんなにも美しい生き物だとは思いもしなかった。

写真では分からないが、この写真集のウミウシたちは全て3cm以下。
そんな小さな小さな体に、こんな複雑な模様や、彩色がされていることに驚かされる。
このウミウシたちを見てしまうと、人間の想像力なんてたいしたことないよなぁと思ってしまう。

シライトウミウシ 

今本淳さんのHP 私が出会ったウミウシたち http://www.umiushi.info/
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
UNIQLO CALENDAR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM